AGAは遺伝するって本当?

AGAは男性特有の薄毛ですが、薄毛に悩む成人男性のほとんどがAGAだとも言われています。

原因もいくつかありますが、AGAという悩みを抱えている全体の25パーセントは遺伝が原因だと確認されています。

つまりAGAは遺伝する可能性もあるという事です。

もしも親や兄弟や身近な親戚にAGAの人がいたら、自分もそのリスクを抱えていると思っておいたほうがいいかもしれません。

親子や兄弟は毎日の生活習慣も自然と似てきますので、生活習慣の中に潜むAGAの原因も抱えている事になります。

また体質も遺伝するので、悪条件が多くなるほどAGAになるリスクは高くなります。

しかしここで諦めるのはまだ早いかもしれません。

AGAは医療機関で治療をする事もできますし、今はAGA治療薬も高い効果が期待できますし、AGA専門外来も増えているので、治療をする事で髪を取り戻すチャンスはあります。

ここで覚えておきたいのが、AGAは進行性の脱毛症だという事です。

治療は早いほど良いと言われているのも、早い段階で治療を開始すればそれ以上薄毛を進行させずに済むからです。

遺伝のリスクを抱えている人も、早めに育毛シャンプーや育毛剤で、頭皮環境の悪化を防ぎヘアケアをしておけば、AGAのリスクも軽減できます。

生活習慣は頭皮環境の悪化にも影響しますが、これをいい方向に改善していけば自然と頭皮環境も改善され、髪にもいい影響を与えられます。

まだAGAではなさそうだという人は、早めに育毛サロンなどでヘアケアを開始していきましょう。

記事ピックアップ:はげが遺伝するというのは本当なのか?