AGAになっても治療は可能です!

髪が抜け落ち頭皮が透けて見えるというのは、経験しないとわからない部分もありますが、今まであって当たり前だった髪が徐々に抜け落ち生え際から後退していくというのも淋しいことですね。

AGAは男性特有の薄毛ですが、多くの男性が年齢だからとか遺伝だから仕方ないと諦めてしまいます。

確かに年齢を重ねるごとに髪が抜け落ちハゲてしまうのも仕方ないと考える事はできますが、治療が可能であるならそれを試してからでも遅くはないはずです。

AGA専門外来も増えていますし、独立したひとつのクリニックでAGAに関するすべての治療や対策も可能となっていますので、発毛実感もしやすくなっています。

AGA治療には治療薬や育毛剤を使用しますが、クリニックによってはオリジナル発毛薬なども処方していますので、市販薬よりは高い効果を実感できるでしょう。

最近では薄毛対策も充実しており、技術もどんどん進化しています。

その証拠にまだ一般的とは言えませんが、薄毛治療の分野にも再生医療を取り入れる事ができるようになっています。

ただしAGAなど薄毛治療に関しては健康保険が適用されません。

一部では保険適用になる治療もありますが、AGA治療には長い時間がかかります。

これはAGA治療に毛周期が関係しているので仕方ありません。

個人差もありますが、1ヶ月あたりにかかる治療費が高くなってしまうのはデメリットです。

しかし根気よく治療を続ける事で、多くの人が発毛効果や育毛効果を実感しています。