AGA治療の種類

男性特有の薄毛をAGAと言いますが、今は高い効果が期待できる治療薬や、再生医療を取り入れた新しく画期的な治療法も確立されていますので、きちんと対処すれば髪を取り戻すこともできます。

治療効果に関しては個人差があるのも否めませんが、専門病院ではより丁寧な治療ができる事から多くの人がAGA治療に取り組んでいます。

今までのAGA治療は、飲む育毛剤と言われるプロペシアという薬を使うのが一般的でした。

プロフィールペシアには、AGAの原因となる物質をブロックする作用があるので、AGA治療には高い効果が期待できます。

更にはミノキシジルという成分を配合した育毛剤を併用する事で、発毛と育毛に同時に働きかける事が可能となります。

この治療法は現在でも多くの男性が取り組んでいます。

新しく画期的なAGA薄毛治療として注目されているのは、再生医療を取り入れた方法です。

成長因子を直接注入する事で、治療薬や育毛剤よりも素早く効果を発揮できるところが注目されている理由です。

また元々人が持つ成長因子を使用するので、薬のように副作用がないところもメリットです。

再生医療を取り入れた方法は、男性特有のAGA以外の脱毛症や女性の薄毛まで幅広く対応できます。

AGA治療がそうであるように、薄毛治療は健康保険が適用されません。

プロペシアやミノキシジルという薬も自己負担ですが、再生医療を取り入れた治療法の場合は治療費もかなり高くなります。

効果が期待できるものの、治療費が高くつくためまだ一般的ではありません。